スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク



(引用はじめ)
王ホークスが誇るMK弾で、36年ぶりに里帰りした「Lions」を粉砕した。2回に小久保裕紀内野手(36)が左翼席へ同点の15号ソロ。3回に松中信彦内野手(34)が2試合連続の18号2ランを放つと、4回には2打席連発の19号ソロだ。松中、小久保の今季4度目のアベック弾で火が付いた打線は2試合連続の2ケタとなる今季最多タイの13得点。貯金を再び1とし、首位西武に4差と接近した。

■後輩に刺激され

 福岡の球譜は、ホークスがしっかりと受け継いだ。懐かしの「西鉄ライオンズ」が“故郷”でよみがえった日、主役を演じたのは福岡20年目のホークスだった。「打線が爆発したねえ」。王監督の声も弾む圧勝劇。2週間ぶりに帰ってきた本拠地で、福岡育ちのMK砲が火を噴いた。

 病み上がりの小久保が火をつけた。1点を追う2回。先頭で石井一の低め直球を左翼席に突き刺した。6月11日以来、34日、65打席ぶりの15号同点ソロ。「あんな難しい球が打てるなら、もっと打てていいはずやけどな。ずっと打ってないから感覚を忘れてたよ」

 14日までの長期遠征中に古傷の左手首を2度痛めた。守備、走塁と、アクシデントが続き、欠場している間に本塁打チームトップの座を松中に譲った。必死の治療で2試合ぶりに復帰した小久保は、ひそかなライバル心を燃やしていた。

 「自分が休んで、目の前で信彦が(9日西武戦で)2打席連発して。やっぱり刺激されるやん。そういうのがチームにとっても大事なんよ」

■3年ぶり20号へ

 その松中は、すぐやり返した。3回に今季初の2試合連発となる18号2ラン。「完ぺき。今までサッパリ打てていなかったし、開き直った」と左への一発で石井一をKOすると、4回には2打席連発の19号だ。「今年は数は意識していない。どんどん打ちたい」と3年ぶりの20号にも王手。西武戦では02年以来のアベック弾で、首位を走る宿敵を撃沈させた。

 欠場が続いた小久保にとっては、7月になって初勝利。「8連敗」中の小久保を、松中は「先輩が出たら負けると言われないように」と皮肉タップリに挑発していた。小久保も苦笑いで「こんなんがないとな」と応戦。V9巨人のON砲を筆頭に、強いチームにはライバル関係が存在した。王ホークスの黄金期を知る2人が、壁にぶち当たっている若手の前で示した競演弾でもあった。

 西鉄が巨人を破って日本一に輝いたのは、50年前のこと。当時、巨人入団が決まっていた王監督は、後楽園球場でその激闘を目にした。「あのころの西鉄ライオンズは本当に強かった」。試合前には西鉄のエースで昨年亡くなった故・稲尾和久氏の追悼セレモニーも行われた。福岡の野球界に功績を残した先人への恩返し。それは、後を継いだホークスが強くあることにほかならない。

 2試合連続の2ケタ得点で、ヤフードームでは6月15日以来の白星。ただし、王監督の声が弾んだのはここまで。「(負け数は)6差か。何とか3ぐらいに持っていかんと勝負にならん」。山笠のフィナーレが逆襲の合図。祭りは、これから本番に突入する。

(引用終わり)

私はホークスファンなので今年初めのほう調子が悪かった松中選手が二打席連続本塁打など打って調子が上がってきたのでうれしいです。
後半戦に向けてこの調子で頑張ってほしいです。

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

F5

Author:F5
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。